Home > 日々ch > 屋久島暮らし初期(2)

屋久島暮らし初期(2)

"屋久島暮らし初期(1)" の続き。

長女、こっちの学校に通い始めて間もなく いきなりの100点!

タイではインターナショナルスクールに通ってただけで、補習校には行っていませんでした。
というのも、当時日本に帰るつもりはなかったんです、私たち...。
領事館でいただいた教科書を気が向いた時パラパラめくる程度だったと記憶しています。
けど、子供って勝手に覚えるものですね。知らぬ間に、ある程度の漢字は読み書きできるようになっていました。

しかし、写真まで撮っちゃって~...
私も嬉しかった(というかホッとした)んだろうなあ...。

けれど、本当に大変になったのはこの後で、算数は九九からもう一度やり直しましたし、漢字も、小4レベルまで追い付くにはそれなりの時間を要しました。
漢字の書き順がおかしい、とみんなに笑われたのが悔しかったようで、涙をこらえながら夜遅くまで鉛筆をカリカリ走らせてました。。。(その成果もあって5年半ば頃から漢字はクラスでトップに!)

あかんッッ、思い出したら涙がぁ・・・。 (T_T)
長女は、頑張り屋。
他の教科もいつの間にかクラスで1~2位になってました。
まぁ田舎の学校ですので、8人しかいなかったんですけど... ^ ^ 
それでも短期間でみんなに追い付き、それどころか追い越し・・・!!
長女だからできたんだ、と今も思っています。私だったら絶対無理ー!(>_<)
一人の人間としてリスペクト。
ホント10歳にして私のずっとずーっと上を飛び越えていました。。。


ささやかなクリスマス。
でも4人いれば心はポカポカ。


実家で使わないまま放置してた物を後から送ってもらいました。
こちらオーブントースター。
2分ぐらいしたら何故か強制的に電気が切れ、復活するのに5分ぐらいかかるビミョーなトースターww
でも一応使えるので、使ってました。(今も使ってるww)
しかし、母のこの詰め方ッ!(笑)


開けると、お菓子と乾麺がなだれのように・・・ww
母のこぼれ落ちそうな愛を感じましたw
ありがとう。(^ω^)


長女が寒くないようにと制服の下に着るカーディガンも添えてくれてました。(これ私が高校時代制服の下に着てたものw)

ところで、長女の足元に注意!
プチプチww
フローリングで底冷えするので、座布団代わりにプチプチを利用してました。^ ^


そうそう、コインランドリーは...
乾燥にやたらと時間がかかることが分かり、いちいち待ってらんない! と、洗い上がったものを湿った状態で持ち帰り、家で干すという流れに落ち着きましたw
それでも夫とケンカしてましたけどねえぇ... どっちが行くかでッ! (`ヘ´)フン ww

次女、道端の野花を摘み、落ちてた花を拾い...ご満悦◎
この子は昔から変わらない。。。


がらんとした部屋。

ダンボールで棚を作るのは我が家の専売特許w


冷蔵庫の他に取り急ぎ購入したものは...
・丸い簡易椅子4脚
・布団4セット
いずれもアマゾンで。
ネットで注文し、家まで届けてもらえるその便利さにただただ感動でした。


タイもそうでしたが、ここでも何もないところからの出発でした。。。

物はなくても、家族がいて...
みんなの笑顔と笑い声があったから明るく頑張れた。
家族がいれば、困難な状況も乗り越えられると私は信じてる。
家族一人一人に、ありがとう。


民宿暮らしの話など、いつかまた気が向いたら書きますー♪

〈おわり〉 2021/01/23(Sat)

→次の記事: fifty

←前の記事: 屋久島暮らし初期(1)


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2021
© unagi.tv
All Rights Reserved.