Home > 植物ch > 屋久島のゴールデンシャワーツリー

屋久島のゴールデンシャワーツリー

我が家から車で15分ほど走った県道沿いにタイのラーチャプルック(ゴールデンシャワーツリー)に似た木がありまして・・・
実は2年ぐらい前から気になっていたんですが、頻繁に通る道ではないし、たまに通りかかっても大概夫がハンドルを握ってるのであっという間に通り過ぎてしまってたんです。
先日、どうしてもそばで見たくなって、車を止めてもらって見に行きました。

〈2022 7/21〉

次女もついてきた。 ^ ^


どうです? ラーチャプルックに似てるでしょう...?!?


この愛らしさ~♡ 髪飾りにしたいぃー。

しかしよく考えてみると、タイでゴールデンシャワーを間近でマジマジと見たことがなかったッ・・・!(汗)
よって判別不能。チーーン。


アップの写真を撮って、家に帰ってから調べることにしました。

-----

帰宅後ネットで調べてみると(正確には次女に調べてもらったところw ←得意なの!)

ゴールデンシャワーツリー(ラーチャプルック)でした。アタリーー◎

ゴールデンシャワーツリー(Golden Shower Tree)
原産地:インド
樹高:10m 
花色:黄 
開花期:5~8月
特徴:総状花序に黄色い小花を多数咲かせるマメ科(ジャケツイバラ科)の半常緑高木

* 総状花序(そうじょうかじょ)=花序の軸に、花柄をもった花が並んで付着して、総 (ふさ) の形になっている花のつき方。花に花柄がある点で、それのない穂状花と異なる。例としてはフジ、ウワミズザクラなどがある。

タイ語でラーチャプルック。

暑くてカラカラに乾燥した酷暑季に咲く花。
脳ミソがとけそうなほど暑い時期、可憐に咲き誇るラーチャプルックや色鮮やかな火炎樹を眺めるのが唯一の楽しみでした。
ラーチャ(=国王の)プルック(=花びら)ということで「国の花」。
実際、2009年にタイの国花に定められたようです。
タイ国内で広く見られること、タイ仏教の輝かしい黄金色、またプミポン国王がお生まれになった月曜日の色である黄色の花、という理由だそうです。


・・・おまけ♪

この日は、課外授業だった長女と長女の高校で待ち合わせて焼肉を食べに行くことになってて...
早く着き過ぎたのでここで時間調整。
相変わらず人が少なくて落ち着く場所でした◎
この日も、暑さがピークを過ぎ涼しくなった夕方でも人っ子一人いませんでした。(゚д゚ )

貸し切り~! と大喜びで駆けてゆく次女。
まだまだ子供。(*´ω`*)

しかし懐かしい・・・


〈2014 10/31〉

8年前、新居に引っ越すまでの期間、宮之浦の民宿でお世話になっていたんですが、その時近かったのでよく遊びに行きました。


もう8年経つんだなあ・・・
次女4歳。
小さい!


長女と学校で落ち合い、念願の焼肉屋さんへGO!
行きつけのお蕎麦屋さん以外の外食は、2年半ぶりぐらい~...?
あ、春にやはり宮之浦のカフェにランチしに行った。 ^ ^
我が家的にはここにきてやぁ~っと外食解禁ムード。


備長炭の炭火焼肉は言うまでもなく最高~! でしたが、直火暑かったー。(*_*;
行く時期間違えたーw
ともあれペロリ完食♪
やっぱり外食サイコー◎
涼しくなったらまた行きます~。

2022/08/01(Mon)   


→次の記事: 畑始めました

←前の記事: 屋久島でオーキッドツリー発見


ランダム過去記事



Math Link : (Lang : pt)
Copyright 2006 - 2022
© unagi.tv
All Rights Reserved.